精力減退原因

精力減退の5つの原因

精力減退には5つの原因があります。

 

 加齢によって男性ホルモンであるテストステロンの分泌が低下

 

 精神的な自信喪失や不安

 

 慢性疾患や過去の病気

 

 薬の副作用

 

 事故などによる脊髄を通る中枢神経の遮断

 

 

1番大きな要因はです。
直接原因となるのはで、はこれらが発端となって男性ホルモンの分泌が急激に低下し、精力減退するのです。

 

による精力減退や中折れはどんな人にも起こります。
普通の男性は25歳をピークにテストステロンの分泌が低下します。

 

テストステロンは生殖機能の働きを促すので、分泌が低下すると精力減退して勃起力が無くなります。
性欲が低下するだけではなく、射精をコントロールする射精閉鎖筋も衰えて早漏になるケースもあります。

 

日頃の生活習慣や食生活に気を付ければ、精力減退の進行を遅らせる事が可能です。
テストステロンをサプリなどで補えば、生殖機能の衰え・精力減退・中折れを防げます。

 

 

の自信喪失は、例えば女性からセックスに関してひどい言葉を言われたショックによるものがあります。
女性に傷付けるつもりはなくても男性は何気ない一言でショックを受けてしまうので、2による精力減退や勃起不能は意外に多いです。

 

セックスの事以外に、人格やプライドをひどく傷付けられた時も突然勃起不能になる事があります。
仕事や私生活で自信喪失して自律神経が乱れたり、疲れやストレスでによって精力減退し、勃起不能になるケースもあります。
特にストレスは本人が自覚しないまま溜まってしまう事が多いので、注意が必要です。

 

の慢性的な病気は糖尿病・肝臓病・腎臓病などです。
糖尿病で精力が減退する事は有名ですが、肝臓病や腎臓病も原因になる事はあまり知られていませんよね。
これらは病気が良くなれば生殖機能も復活するので、まずは完治させましょう。

 

は薬を飲み過ぎると体がその薬に依存し、結果的に生殖機能が正常に働かなくなってしまうケースです。
特にシンナー・麻薬・覚せい剤を常用すると神経がマヒし、精力が減退して勃起しない上、普通の刺激にも反応しなくなります。
タバコのニコチン中毒やアルコール依存症も精力減退の原因です。

 

は背骨を折ったり痛めたりした場合です。
背骨の脊髄には色々な中枢が通っていて、その中にペニスを勃起させる勃起中枢神経があります。
それを遮断されると大脳からの勃起命令がペニスに伝わらず、勃起が不可能になります。
精力減退ではなく全くの勃起不能なので、精力剤やサプリで回復するのは困難です。

 

4つの成分で精力増強

精力増強効果がある成分は亜鉛・アスパラギン・アルギニン・ビタミンEなどです。
これらの有効成分の相乗効果で体の生殖器を刺激し、性能力を活性化させてEDや中折れを改善しましょう。

 

○亜鉛

ホルモン分泌を促進し、精子や卵子作りを活発にして性能力を高めます。
生殖器管の発達や生殖能力の維持に欠かせず、EDや中折れ防止になります。

 

○アスパラギン

有害なアンモニアを体の外に排除し、神経系を守るアミノ酸です。
エネルギー代謝に関係していて、疲れに対する抵抗力を高め、スタミナを増やして精力減退を改善します。

 

○アルギニン

必須アミノ酸の1つで、成長ホルモンを合成して免疫反応を助けます。
生殖機能を高めて精子の数を増やすので、不足すると男性の不妊症の原因になります。
血管や内臓の老化を抑えて若々しさを復活させ、EDや中折れなど精力減退を改善します。

 

○ビタミンE

若返りのビタミンで、細胞を強化して老化や成人病を予防します。
もとは不妊症治療ビタミンとして登場した経緯があり、ホルモンバランスを整えます。
生殖機能をアップさせ、精力を増強させてEDや中折れを防止します。

 

糖尿病や肝臓病などの病気によるED・中折れ・射精障害もありますが、多くは精神的な理由によるものです。
この場合はデンプンの分解成分のデキストリンを摂取すると、下腹部の陰茎動脈の血流が活発になり、勃起が促進されます。
植物性アルカロイドやステロイドの摂取もEDや中折れ防止に有効です。

交感神経と副交感神経のシグナル

平常時のペニスには交感神経系と副交感神経系の両方のシグナルが伝わり、お互いに作用して萎縮と勃起の中間を保っています。
ストレス・恐怖・緊張などを感じた時は、交感神経系が副交感神経系より多く伝わって萎縮します。

 

睾丸から分泌された精液がある程度溜まると、これを体の外へ放出したいという欲求が大脳に生じて性的刺激に敏感になります。
ここでペニスが刺激を受けると副交感神経系が交感神経系より多く伝わり、下腹部の血液が陰茎海綿体に大量に流れます。
同時にペニスの根元の括約筋が閉じて血液の環流が出来なくなり、陰茎海綿体に血液が充満してペニスが硬く大きくなります。
これが勃起の仕組みです。

 

 

普通、男性は30代、特に40〜50代に男性ホルモンであるテストステロンが減少します。
それに伴い、性欲が落ちて勃起力が下がり、中折れも起こります。
これが精力減退で、悪化するとEDに繋がります。

 

精巣は精子を作る臓器であると同時に、男性ホルモンの1つでもあります。
性欲と性機能を司るテストステロンの合成も行っています。

 

ペニスを勃起させるには、大脳の視床下部からの性的衝動を呼ぶ指令が必要です。
この視床下部への刺激物質がテストステロンで、テストステロンの濃度を高める事が性的衝動には欠かせません。

 

テストステロンの最も重要な働きは男性の性欲と勃起機能を上げる事で、中折れやEDの改善が出来ます。
誰でも加齢などで体内のテストステロンの濃度が下がると、勃起力の低下・中折れ・EDが起こります。

お気にいり

ペニス増大サプリの気になる口コミ!ペニスを大きくするならこの サプリ飲んどけ!迷ったらこのペニス増大サプリ・精力剤。ペニスを大きくする上で大事 なのは効果のあるものを続けることナノダ!